不動産売却業者の選び方のポイントとは?注意点についても解説!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/07/01

選び方のポイント

大切な不動産を売却するときには、誰もが高く売れたらいいな、ということを思うはずです。もし、不動産を高く売却したのであれば、不動産売却業者を慎重に選ぶことが重要です。本記事では、不動産売却業者の選び方、不動産売却業者を選ぶときの注意点、査定を受ける前の準備などを解説します。

不動産売却業者の選び方のポイント

不動産売却業者は全国に数多く存在するため、どの不動産売却業者を選ぶか迷ってしまいます。そこで不動産売却業者の選び方をポイントごとに解説します。

複数の不動産売却業者を比較する

不動産売却業者は自分のところへ売却の依頼が来るように、高値査定を行うときがあります。このような会社に依頼してしまうと、相場よりも高い価格で売る出すことになり、なかなか不動産売却ができなくなってしまいます。このようなことを防止するためには、不動産売却業者の査定価格を比較できるよう、複数社への査定依頼を行うようにします。

一括査定サービスを利用する

複数の不動産売却業者に査定を依頼するときは、不動産サイトから一括査定サービスを利用するのがよいでしょう。不動産サイトからの一括査定サービスを利用すれば、複数社に連絡を取る手間を省くことができます。

また、自分で直接連絡する不動産売却業者を選ぶと、どうしても好みが出て連絡する不動産売却業者の傾向が偏ってしまいます。また、一括査定サービスでは3社~5社程度の見積もりを取得しましょう。その中で根拠のある査定をしてきた信頼できそうな不動産売却業者へ連絡し、訪問査定を依頼するという段取りを取ります。一括査定サービスは、簡易査定のため詳細査定に移る必要があります。

大手・地域密着型の強みを知る

不動産売却業者はそれぞれ企業としての強みが違います。たとえば、大手だと広告宣伝の量などが多く買い手を幅広く探していくのに強みを持っている傾向があります。

また、営業マンの教育がしっかりされていることが多く営業マンの当たりはずれが少ない特徴もあります。一方、中小企業の場合は、地域密着型として営業していることが多く、独自のネットワークを持っていることがあります。

不動産査定を受ける際に注意するべきポイント

査定を依頼する前に、不動産所有者がやっておくべきことがあります。不動産売却業者の査定金額が正しいのか判断しなければなりませんし、不動産売却業者に正確な査定価格を出してもらうためにサポートもしなければなりません。不動産売却業者に査定を受ける前に行うポイントは、次のとおりです。

事前に相場を調べておく

売却予定の不動産の価値を自ら調べておくことにより、不動産売却業者からの査定金額が正しいか判断できるようになります。相場を調べる方法としては、売却予定の不動産と似た不動産を、不動産サイトからいくつかピックアップするという方法があります。似ている物件をいくつかピックアップすることで、売却予定の不動産のおおよその価値がわります。

売却目的でのリフォームは避ける

売却をする不動産が傷んでいたとしても、大規模なリフォームを売却に先行して実施することはやめておきましょう。リフォームをして室内がキレイになったとしても、買い手の好みにあったリフォームであるとは限りません。また、多額の費用をかけ、かかった費用を売却価格に上乗せしても、相場より高くなってしまっては売却に時間がかかってしまいます。

必要書類をできるだけ集めておく

不動産の査定のときには、建物の間取りや建物が適法に建築されているかどうか、土地の面積が確定しているかなどを調べます。そのため、査定に必要な書類を事前に集めておくことにより、査定がスムーズに進みます。査定前に準備するべき書類は、次のとおりです。

・重要事項説明書

・売買契約書

・確定測量図や越境図面・越境の覚書(土地や戸建ての場合)

・建物図面や建築確認・検査済証(土地や戸建てマンションの場合)

不動産売却業者を選ぶ際に注意するべきポイント

不動産売却業者を選ぶ際にはいくつかの注意すべきポイントがあります。各ポイントを項目ごとに紹介します。

中途解約はできない

不動産売却を依頼した不動産売却業者とは、媒介契約を締結します。しかし、この媒介契約を締結してしまうと、途中で解約できません。媒介契約は3か月くらいの期間を設けますので、解約するにはこの期間が終了するまで待つ必要があります。

査定はなるべく早めに受ける

売却を開始しても不動産が売却できるまで、おおよそ6か月はかかります。そして、買い手が見つかったとしても、買い手の住宅ローン審査に1か月ほどかかります。そのため、不動産売却を完了させるまでには、半年くらいはかかると思って売却計画を立てた方が無難です。とくに売却を早めに終わらせたい方は、査定の依頼を早く行っておいたほうがよいでしょう。

 

不動産売却を行うときには、まず不動産売却業者に不動産査定を行ってもらいます。この不動産査定がのちのちの不動産売却活動の行方を左右します。そのため、適正な査定金額で売り出し、優良な不動産売却業者に不動産売却を依頼することが重要です。査定額が正しいのか、優良な不動産売却業者なのかは自分で判断できるように準備しておかなければなりません。査定の事前準備のポイント、不動産売却業者を選ぶポイントを参考にしていだたき、スムーズな不動産売却につなげていきましょう。

 

おすすめ関連記事

検索

【その他】不動産売却業者一覧

【NEW】新着情報

所有しているマンションを売却したいとき「マンションの権利書が見当たらない」なんてことはありませんか?マンションの権利書を失くしてしまうと、売却できるのか不安になるでしょう。この記事では、そん
続きを読む
不動産の売却を検討している人の中には、売却前にリフォームをするべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。古い物件だと「リフォームした方が売れやすいのでは」と考える人も多いかもしれませんが
続きを読む
不動産を売却するには、多くのやるべきことがあります。このやるべきことには注意をしなければいけないこともいくつかあります。注意すべきポイントは大きく分けて、不動産売却前の注意点、不動産売却中の
続きを読む