不動産の売却前にリフォームは必要?リフォームせずに高く売る方法

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/26


不動産の売却を検討している人の中には、売却前にリフォームをするべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。古い物件だと「リフォームした方が売れやすいのでは」と考える人も多いかもしれませんが、売却前のリフォームは不要な場合も多いのです。今回は、リフォームの必要性やリフォームせずに高く売る方法などについて紹介します。

不動産の売却前にリフォームは必要なのか

不動産を売りに出す際、事前にリフォームをしておく必要はあるのでしょうか。結論からいうと、大がかりなリフォームをする必要はありません。こちらで、売却前のリフォームが必要ないといえる2つの理由を紹介します。

売出し価格が高くなる

中古物件を購入する人がもっとも重視しているのが「価格の安さ」です。売却前にリフォームをすると、リフォーム代金が上乗せされ、競合物件よりも売り出し価格が高くなってしまいます。価格が高い物件は高いというだけで買主の検討対象から外れてしまうため、なかなか売れなくなってしまうでしょう。

買主の希望に沿ったリフォームができない

中古物件を探している人の中には、購入後に自分でリフォーム・リノベーションすることを目的としている人も多くいます。売却前に大がかりなリフォームを行っても、それが買主の希望に沿ったリフォームであるとは限りません。リフォーム済みで価格の高い物件よりも、購入後に自由にリフォーム・リノベーションできる価格の安い物件が好まれる傾向にあるのです。

リフォームをするメリットとリフォームすべき箇所

大規模なリフォームは不要ですが、売却前に最低限のリフォームをしておくことが効果的な場合もあります。ここでは、売却前のリフォームがメリットとなるケースと、優先的にリフォームをした方がよい箇所について解説します。

リフォームをするメリット

中古物件の売却で重要な要素となるのが物件の第一印象です。立地や価格帯などの条件が同じだった場合、第一印象で売却が決まるといっても過言ではありません。その第一印象を改善するために効果的なのが最低限のリフォームです。水回りや壁紙などを部分的にリフォームするだけでも明るく清潔感のある印象になり、買主の購入検討リストに入りやすくなるでしょう。

優先的にリフォームすべき箇所

リフォームをするなら、物件の印象を左右する水回りのリフォームが効果的です。キッチンや浴室、トイレなどの水回りは毎日の使用頻度も高く、どうしても汚れが目立ちやすい箇所。フルリフォームとまではいかなくても、一部を新しくするだけでも清潔感が増し、物件の印象は格段によくなるでしょう。

また、ブレーカーや給湯器などで古い設備がある場合、新しいものに交換しておくのがおすすめ。まだ使えたとしても、古い設備だとどうしても好印象を与えにくくなってしまいます。買主が内覧した際に、たとえば追い炊き機能や浴室乾燥機能など今の家で使っている機能がついていなければ不便に感じ、購入を見送るケースもあるでしょう。

リフォームをせずに高く売却するコツ

最低限のリフォームを行うと物件は売れやすくなりますが、やはり数十万円~数百万円単位でのコストがかかってしまうのが難点です。ここでは、リフォームをしなくても物件の印象をよくして売れやすくする方法を紹介します。

ハウスクリーニングで清潔にしておく

ひとつ目は、ハウスクリーニングの専門業者に依頼する方法です。とくに物件の清潔感に直結するトイレやお風呂、キッチンなど水回りのクリーニングを依頼するとよいでしょう。素人の掃除には限界がありますが、専門業者では業務用の洗剤や機材を使用するので見違えるほどきれいになります。リフォームをしなくても、ハウスクリーニングを済ませておけば内覧時の印象はかなりよくなるでしょう。自分で清掃するよりも費用はかかりますが、それなりの効果が期待できます。

最低限の修繕をしておく

ふたつ目は最低限の修繕です。もしも生活に支障があるほど劣化している箇所があるという場合は、簡易的にでも修繕を行っておくべきでしょう。基本的な設備が整っていないと物件の印象が悪くなり、なかなか売れない原因となります。ドアの開きが悪い、ガラスにひびが入っているなどの不具合を修繕するのはもちろん、水の流れが悪いといった内覧時には見えないトラブルも解消しておく必要があります。多少の費用をかけてでも、購入後すぐに生活できる程度のレベルまでは必ず整えておくようにしましょう。

まとめ

物件が古いからといって、売却前に必ずしもリフォームをする必要はありません。物件の印象をよくするために、水回りや壁紙などの部分的なリフォームが効果的ですが、ハウスクリーニングや簡易修繕でも充分に対応可能です。物件を売却しやすくするために何をするべきか、まずは不動産会社に相談してみるとよいでしょう。中古物件の売却を扱う不動産会社の中でも、古い物件の売却実績が豊富な会社や担当者が親身に相談に乗ってくれるような会社を選ぶのがおすすめです。ぜひ自分に合った信頼できる不動産会社を見つけてみてください。

おすすめ関連記事

検索

【その他】不動産売却業者一覧

【NEW】新着情報

所有しているマンションを売却したいとき「マンションの権利書が見当たらない」なんてことはありませんか?マンションの権利書を失くしてしまうと、売却できるのか不安になるでしょう。この記事では、そん
続きを読む
不動産の売却を検討している人の中には、売却前にリフォームをするべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。古い物件だと「リフォームした方が売れやすいのでは」と考える人も多いかもしれませんが
続きを読む
不動産を売却するには、多くのやるべきことがあります。このやるべきことには注意をしなければいけないこともいくつかあります。注意すべきポイントは大きく分けて、不動産売却前の注意点、不動産売却中の
続きを読む